" />
女性

身近になりつつある手術

整形

二重まぶたの整形はいろいろな種類があるが、日本ではメジャーな整形のひとつである。それは簡単にできることもあるし、お金があまりかからないこと、それと維持費などが安いということで人がある。昔は整形というと、バレるかもしれないなどとひやひやしている人が多い印象だったが、今では学生でも友達と手術を受けるほどに一般的になりつつある。その学生が受ける手術で多いのが二重の手術だ。二重にするにはいろいろな方法がある。埋没法といって、糸で止める方法と切開と言って切る方法などである。他にもビーズ法などあげればたくさんある。二重でお金が安いのは埋没法であり、腫れが少ないものも埋没法である。なので1週間程度休むことができるのなら、埋没法で手術をしても自分から言わない限りはバレることはない。しかし埋没法の欠点は脂肪が多い人だと取れてしまうところにある。なのでそういう人には切開の二重手術を勧めることが多い。しかし切開は埋没法に比べて晴れるし、元に戻すことができない。なので、ある程度覚悟を決めた人でないとできないだろう。お金の面でも埋没法の法が切開より安い。埋没法でも糸でとめる箇所が増えるほどお金がかさんでくる。なので、切開はしたくないけれども埋没法がやりたいという人はまぶたの脂肪吸引をしてから埋没法をすることがある。脂肪吸引は痛いと聞くが、まぶたでもやはり痛いようだ。けれども、切開で2、3ヶ月腫れるのをとるか痛いのを取るかは個人の自由である。値段も脂肪吸引をすると高くなる。

二重は今までも簡単にできる整形として、そしてやると雰囲気ががらっと変わる整形として成り立ってきた。お金もどんどん安くなりつつある。なので、若い子どもにやらせる親まで増えてきた。韓国ではないが、親と子どもが一緒に整形をするような世の中が来るかもしれない。二重の整形で埋没法はとても簡単で痛みも少ない。しかし、取れてしまうという欠点もあった。そして、糸をずっと身体の中に入れて置かなければならないということで、異物感を感じた人も多い。そういう人は癖がしっかりついてから抜糸をしていた。けれども今の埋没法の糸はだんだん細くなってきている。細くなっていて丈夫になってきているのだ。これはまだしっかり定着しないこともあるらしいので、今後に期待する手術方法だが、埋没法で自然に消える糸を使う手術もある。この手術は普通の埋没法よりも癖をつけやすくするためにきつく止めるので、最初は見た目も自分の感じ方も違和感が大きいがしばらくすると本当に自然になる。埋没法の糸が切れて眼球を傷つけるといったことも昔はあったが、そういうことからはおさらばできる二重手術の日が来るだろう。切開もだんだん腫れが少ない方法が増えてきている。やはり埋没法よりもぱっちりとした仕上がりになるのは切開の法だ。だから、お金と時間にゆとりがあるのなら切開で思いっきりイメージチェンジをするという人も多い。これからはそんな切開も埋没法と同じように気軽にできるようになる時がくるかもしれない。逆に一重まぶたが貴重になってくるぐらいだ。