" />
女性

目の美容整形を考える

顔の手入れ

美容整形の中でも二重術は極めて人気の高い施術の一つです。やはり、目元の印象は顔の印象を大きく左右しますし、パッチリと美しい二重瞼はいつの時代も女性の、いえ女性だけではなく男性にとっても憧れです。二重術にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。今最も受ける人が多い施術は埋没法で、これはメスを使わず特殊な糸で瞼をとめることによって、二重のラインを形成します。埋没法の特徴としては、まずメスを使わないので、腫れやダウンタイムが少なくて済む、ということがあげられます。また、糸でとめているだけなので、元に戻したいと思った時にも、特に施術後すぐでしたら比較的簡単に元に戻すことができます。ただし、とめていた糸がとれたりして、二重が戻ってしまう可能性があるのもこの施術の特徴です。対してメスを使う施術は部分切開と全切開に分かれます。部分切開は文字通り一部分を切開して糸で縫合するもので、これですと埋没法と異なって脂肪を除去できるという特徴があります。腫れやダウンタイムは埋没法に比べると多少多いでしょう。ただし、この施術は医師の技術が問われるものでもあり、一部分だけ切開するということで、返って傷が目立つ場合があります。そして、形成したい二重ラインに沿って切開し、縫合するのが全切開です。腫れやダウンタイムは最も多いと考えた方がいいでしょう。この施術の特徴は、思い通りの二重ラインが作れる、ということです。施術そのものは最も大掛かりになりますが、全て切開するため、希望する二重ラインを形成することができますし、瞼の脂肪除去も最も完全にできるのが、この方法です。それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分が最も重視する点は何か、それを考慮して、医師と相談して施術法を決めましょう。

見てきたように、一口に二重術と言っても3つの種類に分かれ、それぞれに特徴があります。ですから、美容整形を受ける際には、自分の状況とこれらの施術の特徴を考え併せて、最も適したものを選ぶことが大切です。まず、どうしてもダウンタイムが取れない、例えば週末に施術を受けて月曜日には仕事、あるいは学校へ行かなければならない、という方は、やはり腫れの少ない埋没法が向いているでしょう。これでしたら、3日ほどで腫れが落ち着き、メークもできますので、周囲に気づかれずに済むでしょう。しかし、瞼に脂肪が多く、厚い人は、埋没法では理想の二重ラインが作れない場合が多々あります。こういう場合は埋没法にこだわるよりも、部分切開、あるいは全切開の方が美しい自然な二重ラインを形成することができます。脂肪の除去も一緒にできますので、すっきりとした瞼になれるでしょう。また、二重にしたいけれども、似合うかどうか心配、あるいは迷いがある、こんな方には埋没法をおすすめします。なぜなら、気に入らなかった場合元に戻すことができるので、安心して施術を受けることができるからです。逆に、以前に埋没法を受けたけれど元に戻ってしまった、二重の幅が狭くなってきてしまった、こんな方は切開法がいいでしょう。元に戻る心配をすることなく過ごすことができます。自分の瞼の状態はどうか、そして理想とする二重はどのようなものか、施術を受ける上で最も重視する点は何か、これらをチェックして施術を受けるようにしましょう。必ず満足のいく二重術は、明確な意志からです。